本文へジャンプ

 


レーザ治療Q&A

 


何故レーザ治療は刺激感が無いのか?


 レーザ治療は低周波治療の様なピリピリ感も無いし、ホットパックの様に暖かくもありませんが、それでも効果が有るのですかということを、よく耳にします。 とにかく、今までの治療とは全く違う方法だということを分かって戴ければと思います。

 もし、このレーザ治療に刺激感があったらということを考えてみたいと思います。 この治療は、光の生体活性化作用を利用したもので、蓄積効果・繰り返し効果が一番大切なのです。 それぞれの病気や症状に光が特異的に反応し、それを光のシグナルとして脳に送り、脳はそのシグナルをキャッチし、その後、脳の神経を介して、体の隅々まで元の姿に戻すまで調整をしてくれるのです。
 こんなに大変な出来事をいとも簡単に行ってしまいます。 生体の活性化を行う為にはエネルギーや化学物質(生体の反応を起こさせる物質)をいろいろな出来事の中で使用する為、記憶し、溜めておかなければなりません。 その為にも生体活性化エネルギーのパワーアップが必要なのです。
いつもピリピリ感じていたらその記憶は脳に蓄積されずに、反応もせずに生体から逃げ去ってしまうのです。 生体がピリピリ感じていたら、興奮してしまって記憶するどころか、それを防衛するので手一杯となって治療効果も、ままならなくなってしまうのではないでしょうか。

10mWのレーザを指に照射した時の赤外線写真です。

 
 やはり、病気を治す時は、ゆっくり、自然に、穏やかに、治した方が良いと思いませんか? 
それらを上手に利用しているのが、レーザ治療で東洋医学でよく話題になります自然治癒能力促進」と言われることでもある訳です。

 もちろんレーザは、自然治癒を助ける働きをする訳ですから、知らない内に良くなるので何も感じなくてよい訳です。 私たちが外へ出て、ふりそそぐ光が、ピリピリ感じますか? もし感じたら、夏のひどい日焼けになりますね。 

 その様にならない方が私たちにとっても良い訳なのです。

 但し、本当に衰弱している病気の人は、レーザ光を感じる事があります。 これは、落ち込んでいる体に活を入れる為に感じる訳ですから、両手、両足にマヒのある人などにも、その様なことが起こります。 これはレーザの光が、照射されていることを感じない知覚に伝える為でもあり、生体を侵害的に活性化させる為のエネルギーを与えている訳です。 もちろん、健康な人には感じません。 病気でないものを、なにも脳は反応して余分な働きをする必要がないからです。

  もちろんレーザ治療は侵害刺激でもあり、生体の活性化作用を持つ療法なのです。


MTC Care Management Co.,Ltd.
神奈川 福祉情報
WAM NET
からだネット
いわてISOPネット
shiatsu Information
ぴょんこステーション